十勝庵「日本一のあまざけ」

メモ

  • メモ

2013年2月20日 (水)

十勝庵「日本一のあまざけ」の麹造り3

2012年10月から十勝庵「日本一のあまざけ」の麹造りは、始まりました。

まず、お米を蒸らしていきます。

お米の蒸れ上がりが終ると、お米を小分けにしていきます。

均等にこうじ菌をまぶすには必須な作業だということです。

お米の蒸れ上がりが終ったお米を、適温になるまで冷まします。

冷やしたら次はこうじ菌をまぶす作業です。

ここを手作業で均等にまぶす事で麹菌がお米に付く際のムラが無くなり、

より上質な麹が出来るそうです。

麹菌にも色々な種類があります。

今回の十勝庵「日本一のあまざけ」で使用するのは「まろやかな甘みが
出る国産の麹菌」です。

こうじ菌をまぶし終わったお米はこのように一度ギュッと丸めて固める
ことによって、麹菌が発酵をはじめるそうです。

伊佐米から作られた甘酒は【月天】↑から